整形外科看護に挑戦

整形外科は、一般的な外科と同じくメスなどを使った手術や様々な治療法を用いることによって、完治や改善を目指す診療科目です。
骨格や筋肉、靭帯や脊髄など、人間が姿勢を保ったり、運動することに関わる全ての器官の外傷や病気などを治療します。また部位が広範囲に及び、乳幼児から高齢者まですべての年齢層が診療の対象となりますので、担当の看護師にも様々な知識や技術が必要になってきます。
さらに患者は全て外傷が多いので、急性期から回復期までが早く、患者の回復を目に見えて実感することができます。内科のように長期入院で回復が目に見えて実感されないない診療科目とは違った整形外科の特徴でもありますので、やりがいを感じる看護師は多いです。
しかし骨折などで体の不自由な患者のケアというのはなかなか容易ではなく、患者とのコミュニケーションや信頼関係が必要になってきます。
また整形外科では基本的に手術が多く、手術に関する知識も必要となってきます。手術では機械出しも看護師の仕事です。担当医がスムーズに手術ができるよう、機械の名称や順番などきちんと把握しておく必要があります。また自分できちんと色んな症例の事前知識を学んでおくのも重要です。
初めて整形外科で勤務する方は不安だと思いますが、看護師としてのスキルアップにも繋がる診療科目にもなりますので、あらかじめしっかり学習して業務に臨むようにしてください。整形外科は、転職して看護師キャリアの向上にもオススメの科です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>